修行の場

知人が言っていました。これは修行だと。

ファッション分野のアプリ

ファッション分野のこと

消費者側としては、自分の服装、髪型、メイクの仕方を変えたりして、 自分を満足させたり、あるコミュニティでのキャラづくりをしたり、異性に気に入られたり、人によって、多様な目的があると思います。

販売者側としては、売れるデザインの商品を出したいなどといったことがあるのではないでしょうか。

ファッション分野では、組み合わせの試行錯誤が必要なコーディネート提案まで出てきている。 ユーザの能動的な検索を支援したり、チャットボットなどで相談に乗るようなサービスもできている。 また、アパレル企業などがブランド計画を立てるためか、流行予測があったり、 パルコなどの小売店が差別化のためなのか、個人に最適化したサービスを提供しているようです。

アプリ

化粧を支援するアプリ

YouCamMakeup

YouCamは使ってみると面白いです。 撮影した写真に対してメイクできます。 ほかにも、meituのmakeup plusやlooksなどがあります。 looksとYouCamMakeupは化粧品の購入もできるようです。

AIスマートファインダー

キャラチェン下地カラー診断で採用されているとのことです。ただ、このWebサービスは色診断のみで、 YouCamについているようなAR機能はついていないようです。

https://www.aiap.jp/case-study.html

服のラインアップ充実化を支援するアプリ

XZ

  • クローゼットにある服を元にコーディネートを提案してくれる。ユーザは服選びを考える時間が減る。もしくは、新しい組み合わせを発見できる。
  • 服はユーザが写真を撮影したり、アプリからの問いかけに答えることで登録できる。

Sensy Closet

  • 質問とAIとのやりとりによるユーザ理解
  • ユーザの嗜好に応じたコーディネートを数あるコーディネートから試行錯誤して提案

Pashaly

  • アップロードした画像を解析してアイテムごとに分解
  • 類似アイテムを検索

Wheretoget

  • 画像をアップロードして、他のユーザにアイテムの入手先を訊く機能がある。

髪型提案

東京大学で制作されたそうです。詳細は不明。

参考サイト

関連する技術

情報検索

見た目による検索はできているようです。Google Lensでは、写真をアップロードすると似たような商品をショッピングサイト横断的に検索してくれます。たぶん、Pashalyでも同じような機能はありそうです。ただ、手触りがどういったものかがわかるレベルなのかは不明です。ある程度は反映されていますが、完璧ではなさそうです。また、zozoでは属性による検索も検討されているようです。 画像入力による検索は結構枯れている感があります。 今後はチャットボットやSiriなどとのインタラクティブな検索が増えていきそうです。

レコメンデーション

東京大学の研究でAIによる化粧が人の化粧を上回っていたり、 meituのアプリで自動的に可愛く補正したりしてくれたりする機能はある。 現実の化粧品で可能な範囲で化粧を提案できれば完璧だと思います。

魅力工学

sijieらのチームが顔の魅力度をよりロバストに数値化するネットワークを提案した。 画像を入力として、魅力を出力できれば損失関数として利用することも可能で、おそらく自動化粧AIは評価ネットワークを使って強化学習のどれかの手法か勾配法を使ったのではないか。 詳細は不明

データセット

顔と魅力度評価がセットのデータセットがあります。